スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モモちゃん

ご訪問ありがとうございます。
今日は先代インコと数年一緒に過ごしたことのあるインコちゃんのお話。。

名前は「モモちゃん」
パステルレインボーのモモちゃん。
年齢不明。
何故、年齢が不明なの?

実はこのモモちゃん、言い方が悪いですが捨てられインコちゃんなのです。。


モモちゃんはヒナの時に、人間にお迎えされました。
モモちゃんはそこで幸せな鳥になる予定でした。

ある日のこと。
「セキセイインコ、もらってくれない?」
そう言われました。
そのインコがモモちゃんです。

私のうちには先代がいましたし、その時は2羽飼いなんて考えられなくて
断りました。
でも、インコをもらってくれ・・・なんてよっぽどの理由があるのかと思い
尋ねてみると
「成長してかわいくなくなったから」「他の子(鳥)と馴染まないから」
というとんでもない理由・・・!

確かに動物の赤ちゃんは可愛いです。
ですが、動物だって人間と一緒で成長します。
かわいくなくなったからいらない・・・なんてあまりにもひどすぎです。

結局色々ありましたが、私はモモちゃんを引きとりました。

とっても小さなモモちゃん・・・。
体重もものすごく軽くてびっくりしたのを覚えています。

手乗り崩れでしたが、とても大人しくて優しい優しいインコちゃん。
ご飯が大好きだったのに、全然大きくならないモモちゃん。
獣医さんに診てもらったのですが、先天的な栄養障害だと言われました。
モモちゃんは20gという体重で頑張って生きていました。

モモちゃんは先代より後に生まれ、そして先代より先に旅立ちました。
あの子は幸せだったのかな・・・?
本当はもっともっと幸せになれたんじゃないのかな・・・?

今でもモモちゃんの事を思うと涙が出てきます。

モモちゃんが亡くなってからすぐに私はうるをお迎えしました。
モモちゃんの分も幸せにしたい・・・そういう思いが強かったんです。
もちろん、モモちゃんの代わりなんてどこにもいないしうるはうるです。
うるはモモちゃんの倍以上の体重があるし、似ても似つかない・・・。
それなのに、うるを見ていると時々モモちゃんを思い出します。

(写真はうるです。モモちゃんの写真は前の携帯に入っていたのでありません・・・;)
20090327-1.jpg

モモちゃんが大好きだったブランコ、今は発情防止のために外されてますが
うるもこのブランコが大好きだよね。


モモちゃん、次生まれ変わったときはもっともっと幸せなインコちゃんに
なってね。
願わくば、またあなたと出会えますように・・・。


モモちゃんのお話を読んでくれてありがとうございました。
ポチっとしてもらえると嬉しいです。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

chiririnさんおはようございます。

朝から涙が・・・・。

モモちゃんの元の飼い主さんはインコを観賞用としか
思っていなかたのでしょうね。
育ててきて「可愛くない」って・・そう思える気持ちが
私には理解できません!chiririnさんもそう思ったから
引き取ってくれたのでしょう。モモちゃんは一番初めに
その家に行ってしまったことはとても不幸な事でしたが
chirirnさんと縁があった事はとっても幸せな事だったと
思います(^^)
小さな身体で生き抜いてその後うるちゃんと出会わせて
くれるというプレゼントをくれたんですね。

今頃虹の橋でお友達と楽しく暮らしながら
chiririnさんとまた会える日を待っていますよv-252

ももちゃん。どうか安らかに

おはようございます。ももちゃんはchiririnさんにかわいがられて
短かい間だったとは思いますが幸せだったと思います。

人の都合でペットが不幸な運命になってしまうことは
悲しすぎますよね。

ももちゃんは今でもchiririnさんに天国からありがとうと
言っていると思います。そして、chiririnさん。う-ちゃん
てんちゃんのことを見守っていてくれていると思います。

Chiririn さんへ

なんていう飼い主なのー!
でもももちゃんChiririnさんのとこにこれたことはすごい幸せだったと思います。
でもやっぱり無責任な飼い主が多いですねー。
酷い!

最近、涙腺が弱くなっていて、すぐ泣けちゃいます。
ももちゃんは少しの間でも、
Chiririnさんと出会えて幸せだった。。
そう思います。
愛されて虹の橋を渡れましたから。

のっぽさんへ

のっぽさん、コメントありがとうございます~。

こちらにご訪問くださっている方はみんな愛鳥家で心優しい方ばかりなので
モモちゃんのお話は心が痛みますよね・・・。
私に引きとられてモモちゃんが幸せだったのかは疑問ですが
のっぽさんにそう言ってもらえると少し心が軽くなりました。

モモちゃんはいつも静かにケージの中で過ごしていました。
臆病で先代とはソリが合わなかったのですが、私には心開いてくれていました。
そこにモモちゃんが居ることが当たり前の日常。
モモちゃんを失ってから、それがどんなに素敵な日々だったのか
改めて気付かされたものです。

うるをお迎えするきっかけをくれたモモちゃんに今でも感謝しています。

秋桜さんへ

秋桜さん、コメントありがとうございます~。

モモちゃんが亡くなってから、「あの子はもっと幸せになれたのに・・・」
という気持ちばかりが強くなっていきました。
秋桜さんに「モモちゃんは幸せだった」と言って頂けて嬉しいです。

小鳥さんだけでなく、犬や猫も飼い主の都合で捨てられたりすることが
あるんですよね・・・。
とても心が痛みます・・・。

もっちゃんママさんへ

もっちゃんママさん、コメントありがとうございます~。

モモちゃんが幸せだったと言ってもらえて嬉しく思います。
どうしても「かわいそうなインコ」という風に思ってしまって・・・。
駄目ですね・・・(>_<)
モモちゃんは私と過ごして幸せだったんだ!と前向きに思う様にします^^

みなさんのような優しい飼い主さんばかりだといいのですが・・・
実際飼育放棄してしまう人もいるのが事実なんですよね・・・。
悲しいです。

なかちゃんさんへ

なかちゃんさん、コメントありがとうございます~。

モモちゃんが幸せだったと言ってもらえて嬉しいです。
出来ることなら初めからうちでお迎えしたかった・・・そんな気持ちで
一杯です。

飼い主が変わっても凶暴になったり、人間不信になったりすることなく
穏やかに過ごしてくれました。
最期の最期までご飯を食べ、小さな体で「生きるんだ」という姿勢を
見せてくれたモモちゃんを一生忘れる事はありません。

モモちゃん・・・(涙

人間の感情ってわからないものですよね・・・
わが子だって虐待するんですから、
かわいがっていたペットが急にかわいくなくなることも
ありなのかなぁ・・・
悲しいことですね。

そんな人間に振り回されて犠牲になったのがモモちゃんなんでしょうね
20グラム・・・・先代が亡くなった時の体重です。(涙
今もその軽さは覚えてます。
そんな軽くて小さな体でがんばって短い生涯を生きたんですね。
会ったことないモモちゃんですがとても愛おしいです。

モモちゃんは短い間ですが、
あのまま愛情のない飼主さんに育てられるより
Chiririnさんに引き取られて育ててもらったよかったと思いますよ。

うるちゃんを見て思い出すってことは
モモちゃんも黄色い子だったのかな?

まぁこさんへ

まぁこさん、コメントありがとうございます~。

あんなにかわいいモモちゃんを手放そうとするなんて・・・
私には理解できません(/_;)
人間の都合で、動物が悲しい目にあうのは残念なことですよね・・・。

モモちゃんは、飼い主が変わり最初は寂しい思いをしてたと思います。
うちに来て幸せだったと思ってくれていたなら私も嬉しいです・・・。
20gって相当軽いですよね。栄養がうまく吸収されない体だったみたいで
ギリギリのところで頑張って生きていました・・・。

モモちゃんはパステルレインボーという種類だったので、頭だけ黄色でした。
見た目は全然似ていないのに、好きなものや好きな場所が一緒だったりして
なんだか不思議です~。
Secret

プロフィール

Chiririn

Author:Chiririn
Chiririn:人間
     飼い主     

うる:セキセイインコ
   2007年1月生まれ
   女の子
   (2010年9月 永眠)

てん:オカメインコ(ノーマル)
   2008年3月生まれ
   男の子

ココ:オカメインコ(ノーマル)
   2016年3月生まれ

くー:オカメインコ(ルチノー)
2016年3月生まれ

バルタンオカメ同盟 

【piccolino】バルタンオカメ同盟♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。