スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うる、病院へ行く3

こんばんは、訪問ありがとうございます~。

まずは先日の保温対策の記事でコメントをくださった皆様。
ご意見ありがとうございました~。今後の参考にさせていただきます_(._.)_


さて、今日はうるの診察結果のお話です。ちょっと長くなります。

AGY(メガバクテリア)の診断をうけ治療を開始してからもうじき3ヵ月が経ちます。

今回の糞便検査の結果、AGYがまだいました。
探せばいる・・・程度の数だそうですが、1つでもいるならば治療は続けなければなりません。

今回注射治療の可能性もあったのですが先生と時間をかけて話し合った結果、もうしばらく投薬で治療を続けるということになりました。

理由としては、うるのAGYが発症ではなくキャリアー(保菌)である可能性が高いこと。
うるは8月の下旬に初めて嘔吐して以来、その後1度も嘔吐はありません。
食欲の低下もなく体重減少もありません。
卵管炎があるので、体重だけでの判断は難しいところなのですが触診してもらったところ、綺麗に筋肉がついているとのことでした。
うるは産卵過多の為に肝臓も弱っているので、緊急を要しない状態の今はもう少し投薬で頑張ってみましょうという話になったんです。

そして、怖いのが耐性菌の可能性です。
私が通っている病院では、AGYの薬が何種類かあり、今は2つの飲み薬を試しました。
そのうちの1つは注射で使うお薬と同じ成分で、この薬の耐性菌であった場合注射治療をしても治らない可能性があります。
そして、劇的にAGY退治に効果があると言われている注射のみのお薬があるのですが、これは小鳥の専門病院でないとなかなか置いていない場合が多いそうです。
理由は、「薬剤が高価である」「1度開封すると保存できる時間が短い」
今通っている病院にも置いてありませんでした。

もしこの注射の治療を希望するならば、飼い主が個人的に購入という形になるようです。
容量が少ないアンプルのものはセット売りしかされていないようで、10Aで5万円。
容量が多いアンプルのものはバラ売りされていて、1A8000円。
開封後の保存時間が24時間なので、次回も残ったものを使うということはできません。余ったものは捨てることになります。
これにプラスして、病院での容器代+手技料(?)です。

た、高い~

私の住む県にも隣県にも小鳥の専門病院はなく、今通っている病院がやっとみつけた(教えて頂いた)AGYの知識がある病院でした。
でも、知識はあっても医療設備やお薬が揃ってないのが地方病院の辛いところでしょうか・・・(涙)
なんとかうるのAGYが撃退できるよう願うばかりです。

    20081214-1.jpg
    (ビニール越しなので写りが悪いです・・・)


撃退のポチっをお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
スポンサーサイト

プロフィール

Chiririn

Author:Chiririn
Chiririn:人間
     飼い主     

うる:セキセイインコ
   2007年1月生まれ
   女の子
   (2010年9月 永眠)

てん:オカメインコ(ノーマル)
   2008年3月生まれ
   男の子

ココ:オカメインコ(ノーマル)
   2016年3月生まれ

くー:オカメインコ(ルチノー)
2016年3月生まれ

バルタンオカメ同盟 

【piccolino】バルタンオカメ同盟♪

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。